【季節のおすすめ】ヘッドスパブラシ

ツヤのある髪は若々しく、イキイキとした印象を与えます。
憧れの天使の輪を手に入れるためには、ヘアケアの基本「ブラッシング」を見直してみるのもひとつの手。
デイリーケアとしてはもちろん、静電気が起こりやすくなるシーズンケアにもおすすめなヘッドスパブラシのご紹介です。

ヘッドスパブラシ
「特製ミックス毛」3つのこだわり

@静電気を防止

豚毛に含まれる水分と油分で髪のキューティクルを整え、静電気を防止

A頭皮へのマッサージ効果

極細のナイロン毛が頭皮に心地よい刺激を与えてマッサージ効果を発揮。

B全ての髪質に適応した使用感を実現

短い豚毛と極細のナイロン毛。異なる2種類の毛を独自の配列技術で仕上げた特製ミックス毛は、使う方の髪質を選びません。

Let's try!
美髪を育むブラッシングLesson

Lesson1:シャンプー前のブラッシングを習慣に

ブラッシングは髪や頭皮に付着したホコリや汚れ、そして古くなった角質を落とし、頭皮と髪を清潔に整える効果があります。



Lesson2:摩擦がおきないように、丁寧に、ゆっくりと

一番気をつけたいのが、髪への摩擦。髪の根元にいきなりブラシを入れて引っ張ると、髪の絡まりやダメージの原因にも。
まずは毛先から、やさしく梳かすことが大切です。

特に、毛先の傷みが激しいときは、手を添えて丁寧におこないます。
抜け毛や切れ毛を最小限にとどめるためにも、ブラシはゆっくり大きく動かすのがポイントです。



Lesson3:ブラッシングは乾いた髪に!

濡れた髪へのブラッシングは、キューティクルが剥がれやすくなるのでNG!必ず乾かしてからおこなってください。
逆に乾燥し過ぎていたり、ダメージ状態が続いている場合は、静電気が起こりやすくなります。



Lesson4:必ず“ブラッシング専用”のブラシを

目の細いクシやブローブラシはブラッシングには不向きです。
静電気を発生させず毛先の柔らかい素材がベスト!豚毛や猪毛のブラシが理想的です。


Lesson5:ブラシのメンテナンスはこまめに

ホコリや抜け毛、皮脂などが長期間ブラシの上に溜まると、ブラッシング効果を発揮することができません。

美髪づくりの要は、何と言っても頭皮と髪を清潔に保つこと。美髪を育むためにも、ブラシを長持ちさせるためにも、定期的に専用クリーナーを使ってメンテナンスをおこないましょう。

ヘッドスパブラシがギフトにおすすめな理由

誕生日やクリスマスなど、ラ・カスタのヘッドスパブラシは大切な方へのギフトに選ばれています。
結婚式の引き出物に選んでいただくことも!

おすすめポイント

  • 性別・年齢に関係なくお使いいただける
  • 髪質に左右されない
  • お手入れ次第で長く愛用できる

専用クリーナー付でお手入れOK!ギフトセットはこちら▼

ひとたび使えば、サッと美髪が叶うヘッドスパブラシ。
思わず誰かにおすすめしたくなる、大人世代のマストアイテムをぜひ体感してください。